一般向け脊椎・脊髄外科グループ

脊椎の症状

脊椎は身体を支える重要なもので、7つの頚椎、12の胸椎、5つの腰椎、仙骨(仙椎)、尾骨で構成されています。
脊椎の前方には椎体があり、その間にクッションの役目をする椎間板があります。その後方に頚椎から仙骨上部までは脊柱管があり、脊髄や馬尾神経がその中にあります。
いろいろなことで障害が生じていろいろな症状が発現します。

脊椎の症状

主な頚椎疾患

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎症性脊髄症

頚椎症性神経根症

頚椎後縦靭帯骨化症



頚椎の症状:
首や肩、腕に痛みやしびれが出たり(神経根の障害)、ボタンのはめ外し、お箸の使用、字を書くことなどが不器用になったり、歩行で脚がもつれるような感じや階段で手すりを持つようになったりという症状が出ることもあります。(脊髄の障害)。
椎間板ヘルニアや加齢変化の頚椎症(椎間板膨隆・骨棘)などによる神経障害部位の違いにより、神経根症状を呈したり脊髄症状を呈したりします。


主な頚椎疾患



診断:
臨床症状と併せて、四肢の知覚検査・筋力検査・腱反射の異常などで診断します。さらにX線・CT・MRIで頚椎の状態、神経根や脊髄の圧迫を確認して診断を確定します。


予防・治療:

頚椎椎間板ヘルニア:

安静、消炎鎮痛剤の服用、神経ブロックによる保存療法が基本で、症状に応じて牽引療法や物理療法を行うこともあります。保存療法で症状の改善の無い場合、上肢・下肢の筋力低下が持続・進行する場合、歩行障害・排尿障害が出現した場合は手術的治療を考慮します。


頚椎症性脊髄症:

転倒など頭頚部への軽微な外傷で四肢麻痺(脊髄損傷)になる可能性があるため注意が必要です。日常生活に支障のあるような手指巧緻障害や歩行障害が出現した場合は手術的治療を考慮します。


頚椎症性神経根症:

基本的に自然治癒する疾患です。頚椎を後方へそらせないようにし、消炎鎮痛剤の服用や牽引療法が行われ、症状軽快までに数ヶ月以上かかることも少なくなく、激痛の時期が終われば気長に治療します。筋力低下が著しい場合や、強い痛みで仕事・日常生活に支障をきたす場合は手術的治療を行うこともあります。


頚椎後縦靭帯骨化症:

病気の進行を完全に予防することはできませんが、症状の悪化をなるべく防ぐために、頚椎を後方へそらせすぎないこと、骨化の程度により四肢麻痺(脊髄損傷)の可能性があるため頭頚部への衝撃を避けることが重要です。日常生活に支障のあるような手指巧緻障害や歩行障害が出現した場合は手術的治療を行います。


主な胸椎疾患

胸椎椎間板ヘルニア

胸椎黄色靭帯骨化症

胸椎後縦靭帯骨化症



胸椎の症状:
下肢のしびれや脱力感などが初発症状のことが多く、歩行時に足がもつれるようになったり、階段を降りる時に不安で手すりを持つようになったりして気づきます(脊髄の障害)。症状が進行すれば下肢の筋力低下や膀胱直腸障害(排尿しようと思ってもすぐに出ない・排尿の後残った感じがする)が出現することがあります。
胸腰椎移行部(背中と腰の境目)での脊髄障害では、膀胱障害だけで症状がでることもあります。


診断:

診断

臨床症状と併せて、四肢・体幹の知覚検査・筋力検査・腱反射の異常などで診断します。さらにX線・CT・MRIで胸椎の状態、ヘルニアの有無、骨化の有無・範囲、脊髄の圧迫を確認して診断を確定します。


予防・治療:

胸椎椎間板ヘルニア:

特別な予防法はなく、一般に症状は進行性であり、薬物療法やリハビリテーションなどで下肢麻痺を改善することはできません。歩行障害・膀胱直腸障害が進行していれば手術治療が必要です。


胸椎黄色靭帯骨化症・胸椎後縦靭帯骨化症:

病気の進行を完全に予防することはできません。転倒・転落などで脊髄症状が出現・悪化したり下半身麻痺(脊髄損傷)となる可能性があるため、くれぐれも注意が必要です。日常生活に支障のあるような歩行障害や膀胱直腸障害が出現した場合は手術的治療を行います。


主な腰椎疾患

腰椎椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄症

腰椎変性すべり症

腰椎分離症・分離すべり症



腰椎の症状:

腰椎の症状

腰や臀部、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。
また長い距離を続けて歩くことができできなくなったり、歩行と休息を繰り返す間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられたりします。背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなり、逆にすこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されたりします。
進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります(膀胱直腸障害)


診断:
臨床症状と併せて、下肢の知覚検査・筋力検査・腱反射の異常などで診断します。さらにX線・CT・MRIで腰椎すべり症・分離症の有無、ヘルニアの有無、脊柱管狭窄の有無・範囲、神経根の圧迫を確認して診断を確定します。


予防・治療:

腰椎椎間板ヘルニア:

安静、消炎鎮痛剤の服用、神経ブロックによる保存療法が基本で、症状に応じて牽引療法や物理療法を行うこともあります。保存療法で症状の改善の無い場合、下肢の筋力低下が持続・進行する場合、歩行障害・排尿障害が出現した場合は手術的治療を考慮します。


腰部脊柱管狭窄症:

日常生活で姿勢を正しく保つことが必要です。腰を伸ばすと神経圧迫が強くなり、前かがみになると和らぎます。自転車は症状もでにくく良い運動になります。
神経の血行を良くする薬やコルセット、神経ブロックなどの保存療法で症状が改善することもあります。間欠性跛行が進行したり膀胱直腸障害が出現した場合は手術的治療を考慮します。

腰部脊柱管狭窄症


腰椎変性すべり症:

腰椎変性すべり症

腰痛に対してはいわゆる腰痛体操が効果的ですが、すべり症に関して効果のはっきりした予防はありません。日常生活で姿勢を正しく保つことが必要です。保存療法で症状が改善せず、歩行や立位の保持が制限されて日常生活に支障が出てくれば手術的治療を検討します。

腰椎分離症・分離すべり症:

分離症があっても強い痛みや日常生活の障害なく生活できる場合がほとんどです。腹筋・背筋などの体幹筋力を強化して一般的な腰痛予防をします。
腰痛や神経根圧迫による臀部・下肢痛で日常生活や仕事に支障が生じる場合は、手術的治療が行われることがあります。



その他に脊椎全体の症状として、以下のようなものがあります。

側弯症(そくわんしょう)

背骨が左右に弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがあります。通常、小児期にみられる脊柱変形を指します。 左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの非対称、胸郭(きょうかく)の変形、肋骨や腰部の隆起(前かがみをした姿勢で後ろから背中をみた場合)、などの変形を生じます。診察では、子供に前かがみの姿勢をとらせて後ろから脊柱を観察します。
側弯が進行すると、腰背部痛や心肺機能の低下をきたすことがあります。日本での発生頻度は1~2%程度で、女子に多くみられます。 側弯症は成人でも見られることがあり、特に閉経後の女性で腰椎側弯症が進行することがあります。腰痛や下肢痛がみられることが多く、側弯症により脊椎のバランスがくずれ立位保持困難や歩行障害を呈すことがあります。



診断:

左右の肩の高さの違いや、前屈姿勢をとらせて後方から脊柱を観察し左右の肋骨隆起の高さの違いなどで診断します。また脊柱全体のレントゲン写真で診断を確定します。
側弯症の原因となる神経学的異常がないかMRI検査を行うことがあります。


予防・治療:

側弯症(そくわんしょう)

側弯が進行する前に診断して治療を開始することが大切です。治療は側弯の原因、程度、年齢などによって異なります。側弯が軽度の場合は、進行の有無を定期経過観察し、進行する場合には装具療法を行います。さらに側弯の進行を認める場合は手術による矯正が必要になることがあります。


PAGE TOP