骨・軟部腫瘍グループ

骨・軟部腫瘍グループ

大鹿 周佐(おおしか しゅうさ)助教

大鹿 周佐(おおしか しゅうさ)

専門領域:
骨・軟部腫瘍
卒業大学:
弘前大学 平成13年卒
資  格:
日整会専門医、がん治療認定医、日本体育協会公認スポーツドクター
その他:
国立がん研究センター中央病院 (2011−2012)
Memorial Sloan Keterring Cancer Center(2015年10-12月)

1. グループの特徴

骨・軟部腫瘍グループは、大鹿周佐を中心に診療を行っております。頭頸部や中枢神経腫瘍を除くほぼ全ての領域の骨や軟部組織(筋肉、神経、血管、脂肪等)から発生する良・悪性腫瘍の診断及び治療を専門としています。青森県内や近隣県からも患者が訪れますので、単一施設としての症例数は全国的にみても多く、施設としての経験値も年々上がっております。診療以外にも、学会発表や論文執筆などの研究活動を充実させるべく現在奮闘中です。

専門外来は毎週火曜日の午後と第-/三/五週金曜日の午後に行っております。日々の診療においては、我々臨床医-放射線診断医-病理医間での円滑な情報交換(Jaffe’s triangle)のもと、迅速かつ正確な診断を行えるよう日々努力しております。

は病巣の完全切除を第1に心がけ、かつ術後の身体の機能を最大限に引き出せるような患肢温存手術を行っています。人工関節による関節再建の他、自家骨、自家処理骨(当科では液体窒素を用いた凍結処理骨を主に利用)、人工骨を用いた再建、マイクロサージャリーを応用した再建を手掛け、悪性骨・軟部腫瘍患者の9割以上に患肢温存手術が可能となりました。体幹部に発生し重要臓器に隣接する腫瘍の場合、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、形成外科らと合同で手術が行われることもあります。最近では治療の進歩に伴ってがん患者の生命予後が改善されたこともあり、がん骨転移に対してQOL改善のための手術治療も積極的に行っています。

悪性腫瘍には集学的治療が基本であり、化学療法や放射線治療も行われます。骨肉腫、ユーイング肉腫、横紋筋肉腫などの小児腫瘍患者に対しては、小児科主導のもと術前術後化学療法を行っています。また、成人の軟部肉腫症例については、当科又は腫瘍内科主導で症例に応じた化学療法を行っています。また放射線治療科とも連携し、術前術後放射線治療を計画し実践しています。あらゆる科が揃う大学病院の利点を最大限活用した集学的治療により、世界レベルの骨・軟部腫瘍診療を提供できるよう日々心がけています。


PAGE TOP