大学院生

大学院生

藤田 拓(ふじた たく)

藤田 拓(ふじた たく)

研究テーマ:
脊髄損傷後の疼痛機序
卒業大学:
弘前大学 平成24年卒
資格:
特になし
一言:
まだ一年目の新人です。皆さんと働ける日を楽しみにしています。少しでも興味のある学生は遊びに来て下さい!

劉 希哲(りゅう きてつ)海外留学中

劉 希哲(りゅう きてつ)

研究テーマ:
The relationship with stem cell and orthopedic disorders.
卒業大学:
香港中文大学 平成 25年卒
資格:
特に無し
一言:
日本来て1年になりました。この間はとても楽しかったです。弘前大学整形外科の皆さんは優しくて、いろいろを教えてくれます。どうぞよろしくお愿いします。

新戸部 陽士郎(にとべ ようしろう)

新戸部 陽士郎(にとべ ようしろう)

研究テーマ:
骨・関節疾患に対する幹細胞の治療応用
卒業大学:
弘前大学 平成25年卒
資格:
特になし
一言:
整形外科を選んでまだ1年ですが、毎日楽しく充実した毎日を送らせて頂いてます。一緒に楽しく働きましょう!

金子 翔(かねこ しょう)

金子 翔(かねこ しょう)

研究テーマ:
探索中です
卒業大学:
東海大学 平成25年卒
資格:
特になし
一言:
地元に帰ってきて、整形外科医としての第一歩です。多くの仲間といっしょに次の一歩を進めていけるのが弘大整形の魅力と思っています。よろしくお願いします。

太田 聖也

太田 聖也

研究テーマ:
骨・関節疾患の疫学研究
卒業大学:
弘前大学 平成25年卒
資格:
特になし
一言:
仕事、スポーツ、お酒などがんばってます。みなさんも一緒にがんばりましょう。

市川 奈菜(いちかわ なな)

市川 奈菜(いちかわ なな)

研究テーマ:
OPLLにおける血液凝固能、血管形態の評価
卒業大学:
弘前大学 平成26年卒
資格:
特になし
一言:
すてきな先生方に囲まれて、毎日忙しくも楽しい日々を送っています。整形以上に充実した生活を送れるところはないと思います!遊びに来てください!

小野 浩弥(おの ひろや)

小野 浩弥(おの ひろや)

研究テーマ:
ドキソルビシン誘発性心筋障害、Muse細胞
卒業大学:
弘前大学 平成26年卒
資格:
特になし
一言:
充実した日々を過ごしています。みなさん整形外科で一緒に楽しく頑張りましょう!

亀井 敬太(かめい けいた)

亀井 敬太(かめい けいた)

研究テーマ:
肘OCDのFEMによる病態解析
卒業大学:
弘前大学 平成26年卒
資格:
特になし
一言:
整形外科医として駆け出しですが、学ぶことも多く、毎日充実しています。一緒に楽しく頑張っていきましょう!

苅田 祐希子(かりた ゆきこ)

苅田 祐希子(かりた ゆきこ)

研究テーマ:
膝前十字靭帯の受傷機転と再受傷予防法の確立
卒業大学:
弘前大学 平成26年卒
資格:
特になし
一言:
整形外科の領域は幅広く、日々新たなことを学んでいます。診療・研究・スポーツ一緒に頑張りましょう!

對馬 誉大(つしま たかひろ)

對馬 誉大(つしま たかひろ)

専門領域:
膝関節軟骨の治療、再生誘導
卒業大学:
弘前大学 平成26年卒
資格:
特になし
その他:
整形外科は、野球部、サッカー部、陸上部、バスケ部があり、体を動かす機会が多くあります。手術や勉強で疲れても、リフレッシュして充実した生活を送れます!!一緒に頑張りましょう!

福徳 達宏(ふくとく たつひろ)

福徳 達宏(ふくとく たつひろ)

研究テーマ:
脊髄損傷後の行動評価
卒業大学:
弘前大学 H26年卒
資格:
特になし
一言:
まだまだ未熟ですが、少しでも尊敬する先生方に近づけるように日々精進していきたいと思います。よろしくお願いします!

小川 哲也

小川 哲也

研究テーマ:
骨肉腫細胞のLグルコース取り込みについて
卒業大学:
弘前大学 平成27年卒
資格:
中型車運転免許、普通自動二輪運転免許
一言:
御指導よろしくお願い致します。

長沖 隼英

長沖 隼英

研究テーマ:
脊椎損傷に対する再生療法
卒業大学:
弘前大学 平成27年卒
資格:
特になし
一言:
趣味は水泳です。最近はかなり浮きやすい体型になりつつあります。よろしくお願いします。

荒木 亮

荒木 亮

研究テーマ:
脊柱靭帯骨化症由来MSCsに対するテリパラチド投与が骨化関連因子に与える影響の検討
卒業大学:
弘前大学 平成27年卒
資格:
特になし
一言:
臨床、研究ともに学ぶことは無限にあります。一緒に頑張りましょう

山内 翔平

山内 翔平

研究テーマ:
ACL損傷受傷機転とBone Bruiseの関連について
卒業大学:
弘前大学 平成27年卒
資格:
BLS, ACLS JATEC, JMEC, FCCS
一言:
石橋先生・津田先生のもと、日々体力トレーニングに勤しんでいます。弘前大学でともに日整会優勝を志す仲間がたくさん入局してくれたら嬉しいです。

古川 正和

古川 正和

研究テーマ:
下肢機能障害に対するロボットスーツHALの効果、歩行解析
卒業大学:
弘前大学 平成27年卒
資格:
特になし
一言:
平成29年よりロボットスーツHALを用いた研究を始めています。まだまだ発展途上の分野ですので、共に研究してくれる方、歓迎します。

小山 一茂

小山 一茂

研究テーマ:
脊椎疾患と認知症の関係
卒業大学:
弘前大学 平成27年卒
資格:
BLS, ACLS, ISLS, JATEC, FCCS
一言:
信条は「誠意誠実責任」です 良き整形外科となるように粛々と頑張って参ります 何卒よろしくお願いいたします

猿賀 達郎

猿賀 達郎

研究テーマ:
キーンベック病のFEMによる病態解析と、FEMの実臨床への応用
卒業大学:
弘前大学 平成27年卒
資格:
特になし
一言:
研究、臨床ともに日々学ぶことが多いですが、着実に成長の糧となっています。 楽しむことを忘れずに、一緒に頑張りましょう。

研究の概略

-スポーツ動作の生体力学的研究-

当講座では主に3次元動作解析、2次元動作解析の手法を用いた膝関節の生体力学的研究を行っています。主にスポーツ活動中に発生する膝前十字靱帯損傷に関する研究では、その予防を目的とした介入を行い、スポーツ特異動作における介入効果の検証や思春期児童のジャンプ着地動作を縦断的に調査することで膝前十字靱帯損傷の危険因子の解明を行っています。また、膝蓋骨不安定症における動態解析および徒手検査の定量評価を目的とした基礎研究を行っています。

-脊柱靱帯骨化症に関する研究-

脊柱靱帯骨化症は厚生労働省の特定疾患に指定されており、「脊柱靱帯骨化症に関する研究班」を中心として病態・治療に関する研究が行われています。当講座は以前より研究班の一員として、病態解明を目指した基礎研究を他大学と連携して進めています。これまでに本学病態薬理学講座との共同研究で、病因遺伝子の解明、メカニカルストレスの関与、間葉系幹細胞の関与を報告してきました。現在は基礎研究の他に、一般住民を対象とした疫学調査から、本疾患の保有率と患者背景、症状、ADLとの関連を検討するなど幅広い研究を行っています。

-慢性腱障害に関する研究-

スポーツや重労働によるジャンパー膝、テニス肘、アキレス腱炎は確立された治療法がありません。「休めば良くなるけれど休めない」ということが多く、疼痛を緩和し、治癒を促進する方法が求められています。近年、自己血の血小板を濃縮した多血小板血漿が注目され、その中の成長因子が腱の治癒を促進すると考えられています。現在、当講座は慢性腱障害の治療法の確立を目指し、作製方法による多血小板血漿の性質の違いや、実際に腱細胞や腱組織周囲に投与したときの影響に関する基礎的な研究を行っています。

-関節軟骨損傷の修復に関する研究-

関節軟骨は一度損傷されると自然治癒が期待できず、徐々に変性が進行し、ADLに支障を来すようになります。高度な変形には人工関節置換術が余儀なくされている現状です。近年、軟骨再生が注目されていますが、当講座では関節軟骨損傷の修復に関わる研究として変形性膝関節症の軟骨細胞の細胞表面マーカーや軟骨分化能の検討を行っています。

-変形性膝関節症の疫学研究-

 近年の健康寿命向上に対する関心が高まる中で、変形性膝関節症(膝OA)に対する疫学研究を本学社会医学講座と共同で行っています。幅広い運動器健診(アンケート調査、レントゲン検査、血液検査)を行い、結果説明会を通して、運動器の健康についての啓発活動を行っています。また、健診から得られた情報を解析し、膝OAの自然経過や進行危険因子に関する検討を行っています。

研修医へのメッセージ

大学院入学後1年目は臨床中心に勉強し、多くの手術や外来を経験します。2年目以降は研究中心の生活になり、大学での外来診療や術前術後カンファレンスを通して臨床の勉強をしつつ、様々な分野の研究に取り組み、その研究成果を国内外の学会や論文で発表しています。3年で学位論文を書き上げれば、短縮卒業して海外へ留学することも可能です。明るく、元気な人の多い環境で研究ができますので、ぜひ一度見学にいらしてください。
-大学院生4年 佐々木英嗣-

こんにちは。医師歴4年、三つ子のママ歴1年、大学院3年の藤田有紀です。整形外科は男の先生が多く、仕事以外でもスポーツをしたり飲みにいったりとチームワークも良く、また「患者さんと女性に優しく」が基本であるため、子供同伴OKの女医室もあり、女医もとても働きやすい環境です。仕事に研究に、とても充実した日々を過ごしています。ぜひ一緒に仕事をしましょう!! 
-大学院生3年 藤田有紀-

PAGE TOP