お知らせ

2016 JOSKAS Cup フットサル大会 優勝報告


青森労災病院 整形外科 千葉大輔

 2016年7月28日から7月30日までの3日間開催された第8回JOSKAS主催のフットサル大会JOSKAS Cupにおいて弘前大学整形外科チームが念願の初優勝を勝ち取りましたので、報告致します。
 大会はトーナメント形式で行われ、初戦が川崎医科大学、次戦は山形大学、準決勝は関東地区の私立大学の先生達で構成されたピーコジャパン(前回のフットサル大会の優勝チーム)、決勝は主幹の兵庫医科大学でした。今回の大会を通じて、特筆すべき点は2点あります。先ず1点目は”若手の融合”です。若い先生達は前日の飲み会を物ともせずによく走ってくれました。相手のチャンスの芽をしっかり積んで、攻撃に切り替わった際には素早く相手陣内にボールを運んでくれました。この若い力と部員の力を併せて強敵に立ち向かうことができたと思います。そして2点目はGKです。つまり石橋教授です。決勝以外の3戦は全てPKでしたが、鉄壁の守備で我々に勝利を導いてくれました。この教授の圧倒的な存在感の前で、不思議とPKは敗ける気がしませんでした。文句無しの”Man of the Match”です。
 弘前大学整形外科サッカー部が創立して約10年近く経過しますが、OB・現役全ての選手にとって念願の初タイトルです。期間中は朝早くから多くの同門の先生達に応援に来て頂いてパワーももらい、弘前大学のチームワークを感じることができました。この場を借りて感謝申し上げます。この優勝に奢ることなく、一層トレーニングに励み、新旧の融合を深めて日整会親善サッカー大会優勝を目標に更に頑張りたいと思います。


2016 JOSKAS Cup フットサル大会 優勝報告

2016 JOSKAS Cup フットサル大会 優勝報告


PAGE TOP