お知らせ

第92回日本整形外科学会 親善サッカー大会 東北予選報告


黒石市国民健康保険 黒石病院 整形外科 大石和生

 2018年9月30日福島県Jヴィレッジで開催された第92回日本整形外科学会親善サッカー大会東北予選において、弘前大学整形外科チームが悲願の日整会出場権を勝ち取りましたのでご報告申し上げます。
 9月29日第11回東北スポーツ整形外科懇話会に参加後、Jヴィレッジに移動し宿泊しました。7月28日東日本大震災以降、7年4か月振りに再開したばかりのサッカーの聖地を訪れることができ感慨深いものがありました。台風24号が迫る雨天でしたが、人工芝のピッチ状況は悪くありませんでした。
 東北大学、山形大学、福島大学との4チームでのトーナメント形式であり、初戦は東北地区代表の常連、今年度の日整会準優勝チームである山形大学でした。何年も東北予選では負け続けていた相手であり、チーム全員の士気は高まっていました。悪天候の中、序盤に直接FKが決まるという展開にも恵まれ、石橋教授を中心とした鉄壁の守備で山形の猛攻に耐え、4-0で勝利しました。決勝は主幹大学の福島大学でした。何年も連続で戦っており、お互い手の内が知れている相手でしたが、新メンバーの活躍に加え、今年度は練習の成果もあり、走力で勝ちました。5-0で勝利し、悲願の本戦出場を勝ち取りました。
 平成17年に親善サッカー大会が創立されて以降、竹内キャプテン時代から約10年ぶり、2度目の本戦出場となります。これもひとえに部員の練習のために、様々な方面でご協力・ご支援いただきました関連病院や同門会の先生方の支えがあってこその結果です。この場をお借りして深く感謝申し上げます。
 来年の日整会本戦では、野球部と共に優勝旗を弘前の地に持ってこられるよう、チーム一丸となって精進して参りたいと思います。今後とも温かいご指導、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。


第92回日本整形外科学会 親善サッカー大会 東北予選報告
決勝直後(整形外科 新ユニフォームを着て)


PAGE TOP